shooting and photo are the most favorite hobby these days

体調にも気を遣おう

素敵なお宮参りの記念を残す方法

お宮参りの記念写真は赤ちゃんにとってはじめての記念撮影になることが多い大切なものです。後から振り返ってもいい記念になりますし、プロに依頼してスタジオで撮影されることをおすすめします。赤ちゃんのいいお顔の写真は一瞬の表情をとらえないといけないので、素人にはなかなか写すことができないものです。その点、プロはさまざまなテクニックを利用して赤ちゃんの素敵な表情を引き出し、写真に収めることができます。 また、お宮参りの撮影の場合は、お宮参り撮影ならではの撮影パックがあったり、特典がついていることがあります。お宮参りはおじいちゃんやおばあちゃんもとても楽しみにしているイベントですので、家族みんなで参加して素敵な記念写真を残したいものですね。

赤ちゃんの体調を第一に考えることが大切です

お宮参りの記念撮影で一番配慮しないといけないのは、赤ちゃんの体調です。お宮参りは正式には男の子は生後31日、女の子は生後32日で行うとされています。いずれにしろ生後間もない赤ちゃんですので、とても疲れやすく、赤ちゃんのペースにあわせた行動が不可欠です。 また、お宮参りをする時期が真夏の暑い日や真冬の寒い日に重なる場合は、赤ちゃんの体調に配慮して日程を変更するケースも増えています。お参りした後に写真撮影となりますが、赤ちゃんのことを考えると、写真撮影を先に行っていてもいいかもしれません。お参りやその後の食事会に時間がかかってしまうと、赤ちゃんが疲れてしまって撮影中にずっと泣いてしまい、撮影にとても長い時間がかかってしまった、という話もよく耳にします。

ページのトップへ戻る